さらに
絞り込む
久米島 はての浜

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

最終編集日時;
投稿日時;
-この記事をシェアする-

沖縄が誇る絶景!久米島とは

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

多くの離島に囲まれた沖縄県ですが、沖縄が誇る絶景がある島が久米島です。

美しい海やダイナミックな自然などの観光資源が豊富で、シュノーケリング・ダイビング・ネイチャーツアー・星空鑑賞など様々なアクティビティが揃っています。

アクティビティの他には、沖縄の歴史文化を学ぶ観光・南国リゾートホテル・美味しい島料理・ワークショップなどもあり、離島旅行を満喫できるでしょう。

久米島を検索して見ると「久米島はつまらない」という声も出てきますが、数々のダイビングスポットやシュノーケリングスポットに恵まれた素晴らしい離島です。

那覇からのアクセスも飛行機で30分ほどのため、気軽に訪れることができます。

今回は、そんな久米島で訪れて欲しい絶景の観光スポットやツアーについてご紹介しますので、離島旅行を考えている方は参考にしてみてください。

 

久米島へのアクセス

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

久米島へのアクセスは、那覇から飛行機や那覇からフェリーで行く方法があります。

久米島に行くためには、基本的に沖縄本島経由のアクセスが必要であるため、まずは沖縄県の那覇市まで行きましょう。

まずは飛行機でのアクセスについてご紹介します。

那覇から飛行機で行く場合は、那覇空港から久米島空港へ行きます。

1日7便でフライト時間が30分ほどのため、日帰りで訪れる方も少なくありません。

運賃は、サマーシーズンで5,000円〜10,000円でその他の時期は4,000円〜7,000円ほどで訪れることができます。

サマーシーズンは、東京からの直行便がある可能性もあるので随時チェックしてみてください。

久米島空港は、島の北西部にあるため、レンタカーがあると便利です。

人気の観光スポットまで車で30分ほどかかるため、久米島に訪れる際はレンタカーを予約しておくと良いでしょう。

ツアーなどに参加する場合や久米島のホテルに宿泊する方は、空港までの送迎付きの場合もあります。

続いて、那覇からフェリーで行く場合について見ていきましょう。

フェリーでのアクセス方法は、那覇の泊港から久米島の兼城港までの便に乗船して久米島を訪れることになります。

久米島の海の玄関口である兼城港は、久米島の中心街である中泊にあり久米島空港から10分ほどの場所にあります。

フェリーの便数は1日2便で、所要時間は渡名喜島経由だと約3時間半、久米島の直行便だと約3時間です。

運賃は、渡名喜島経由でも直行便でも変わらず、往復大人3,450円、子供1,730円になります。

車を輸送したい場合、1台につき片道2万円以上の費用がかかるため、久米島でレンタカーを借りた方がお得と言えるでしょう。

久米島での移動手段は、レンタカー・タクシー・路線バス・レンタサイクル・レンタルバイクなどがありますが、面積も広く坂道なども多いためレンタカーでの移動がおすすめです。

久米島へのアクセス方法は、日帰りで便利な飛行機や、離島巡りやのんびりとした船旅ができるフェリーがあるので、各々の旅行計画に合わせて利用してみてください。

 

久米島に訪れたら行くべき!おすすめ久米島観光スポットTOP10

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

ここからは、久米島に訪れたら行くべき観光スポットをご紹介します。

絶景を堪能するスポットから沖縄の歴史文化を学べるスポットまで、ランキング形式にしました。

多くの観光客が足を運び満足した口コミなどを参考にしていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 【1位】はての浜

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

はての浜は、久米島で一番人気の観光スポットでマリンアクティビティとセットになったツアーも多い場所です。

まるで天国のようと喩えられているこの場所は、久米島から船で30分ほどの島で「メーヌ(マエノ)浜」・「ナカノ浜」・「ハティヌ浜」の3つの砂でできた無人島になります。

満潮時でも砂の島が完全に沈むことがなく、海に浮かぶ砂漠のように珍しい光景が広がっているのが特徴です。

透明度の高い美しい海に囲まれ、多くのダイビングスポットやシュノーケリングスポットがある「はての浜」ですが、波打ち際を散策するだけでも癒されます。

そんな美しい砂の無人島へ行くには、ツアーがおすすめです。

シュノーケリング・SUP・グラスボート・カヌー(カヤック)などのアクティビティとセットになったツアーがあり、手ぶらでマリンスポーツを楽しめます。

はての浜までの定期船が出ていないため、ツアー以外では乗り合いの船が出港している場合もありますが、せっかくなので美しい浜で楽しめるツアーを利用して快適に観光を楽しむと良いでしょう。

砂だけの島のため、日除け対策は必須です。

パラソルをレンタルしたり日焼け対策をしっかりして、はての浜を訪れましょう。

はての浜についてもっと詳しく▼

はての浜上陸ツアーについてもっと詳しく▼

 

【2位】ミーフガー

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

久米島のパワースポットやヒーリングスポットとして名高いのが、ミーフガーです。

女岩という意味を持つミーフガーは、400年以上も前からある岸壁で岩にポッカリと切れ目のような穴が空いています。

岩がぶつかり合ってできた20メートルを超える岸壁に空いた穴は、自然が作り出した造形物です。

圧巻の迫力がある岸壁のミーフガーですが、拝むと子宝に恵まれるという言い伝えがあります。

子供を望む多くのカップルが絶えず訪れる観光スポットとしても有名な場所なので、新婚旅行で訪れるのもおすすめです。

7月中旬から数週間は、この穴からのご来光を拝みに多くの人がやってきます。

ご利益もあり大地のパワーを感じられる観光スポットを探している方は、ぜひ一度足を運んでみてください。

駐車場は、ミーフガー付近に大型バスも駐車できるものがあります。

遥か昔から久米島の人々が拝み、癒しとパワーを与えてきた場所なのでおすすめです。

ミーフガーについてもっと詳しく▼

 

【3位】比屋定バンタ

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

比屋定(ひやじょう)バンタは、絶景が堪能できる海抜200メートルの2キロ続く断崖絶壁です。

久米島の北東部にあるこの観光スポットには、展望台があります。

この展望台からは、はての浜・栗国島・渡名喜島・慶良間島が一望できるため多くの観光客が休憩がてら立ち寄る場所として人気です。

1月〜2月にこちらに訪れると、稀にクジラを目撃できることもあり、絶景とクジラを眺めてのんびり過ごすこともできるかもしれません。

アクセスは、久米島空港から車で約20分の場所にあり、一周線(県道245号線)沿いにあるため、迷うことなく比屋定バンタに辿り着けるでしょう。

ドライブを楽しみながら観光スポットまで行けるので、レンタカーを借りて行くのもおすすめです。

駐車場完備で売店やトイレもあるため、ドライブ休憩ついでに絶景を眺めてみましょう。

また、この売店には昼過ぎには売り切れてしまうほど人気のメニューがあります。

そのメニューは、「100円そば」(税込)です。

その他にも低価格のお惣菜やサンドイッチなどもあるので、比屋定バンタに訪れたら売店に立ち寄ってみてください。

 

【4位】イーフビーチ

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

イーフビーチは、日本の渚100選に選ばれた白砂が美しいビーチです。

天然の真っ白な砂浜が2km続くこの観光スポットは、波が穏やかで海水浴やシュノーケリングも向いています。

しかし、イーフビーチで泳ぐ場合は満潮の時に訪れましょう。

干潮時には泳げないぐらい潮が引くため、満足に泳いだりシュノーケリングを楽しんだりといったことはしにくいと言えます。

満潮時と干潮時の景色がガラリと変化するので、ビーチ散策やパラソルの下でのんびり過ごしているといつの間にか印象が変わっているということもあります。

イーフビーチ周辺には、リゾートホテルやダイビングショップなども多く、プライベートビーチを堪能できる宿泊施設も人気です。

南国リゾートらしい景色の中でゆっくりと過ごしたい方は、ぜひイーフビーチに遊びに行きましょう。

星空鑑賞にも向いているビーチになっていますので、夜に訪れるのもおすすめです。

イーフビーチについてもっと詳しく▼

 

【5位】畳石

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

畳石は、亀の甲羅のような模様がまるでアートな観光スポットです。

久米島の東部にあるこの不思議な模様の観光スポットは、国指定の天然記念物の奇岩郡になっており、干潮時にだけ見ることができます。

この不思議な模様は、溶岩が自然に冷えて岩石になったもので柱状節理を上から見た断面図です。

五角形や六角形の集合体は、本当に亀の甲羅のように見えます。

溶岩が創り上げた自然のアートは、パワースポットとしても人気です。

エネルギッシュな火山のパワーを感じられるという方も多いので、リフレッシュしたい方にも良いでしょう。

静かに過ごしたり、写真を撮影してアートを切り取ったりするのにも適した場所になっていますので、ぜひ訪れてみてください。

この場所を訪れる場合は、潮の満ち引きを調べてから訪れないと見られない可能性もあるため、忘れずにチェックしておきましょう。

畳石についてもっと詳しく▼

 

【6位】五枝の松

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

五枝の松は、樹齢250年以上のリュウキュウ松で大きな盆栽のような形をしています。

高さ6メートルで枝が地面を覆う面積が250平方メートルの巨大な松の木は、枝が上には伸びず地面を這うように広がっているのが特徴です。

日本の松100選にも選ばれた松であり、国指定の天然記念物にもなっています。

五枝の松がある園内には、綺麗な水が湧き出る「ウフガー」もあり、水道が普及するまでは近隣の住民の生活用水として使われていました。

この「ウフガー」という名前は、産湯として使用していた井戸という意味です。

遥か昔に使用されていた井戸には、今でも綺麗な水が湧き出て「クメジマボタル」の生息地になっています。

4月下旬から5月上旬にかけて、このクメジマボタルの集団明滅が見られるため、ホタルが光をシンクロさせる様子を観察する貴重な体験が人気です。

その様子は、神秘的で忘れられない体験になるので、ぜひ訪れてみてください。

 

【7位】シンリ浜

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

シンリ浜は、久米島空港の近くにある夕日が美しいビーチです。

遠浅のビーチで干潮時には、リーフエッジ付近まで歩いていけるほど浅いビーチのため、小さなお子様を連れて海水浴をしたい方にもピッタリの場所になります。

波打ち際で遊んでいると、小さな魚やカニ・ヤドカリといった生き物がたくさん見られるので、家族でビーチ遊びを堪能しましょう。

ビーチの端に飛行機の滑走路があり、遊んでいると離陸を見ることもできるでしょう。

ビーチ散策や水遊びを楽しんでいる時に飛行機の離陸を見ることができたら、子供は大喜びで大人もあまり見ることができない光景にテンションが上がるに違いありません。

シンリ浜は、島の西側に位置しているため、夕方になれば美しい夕日と飛行機の光景を一目見ようと多くの方が訪れます。

飛行機の離陸時間の兼ね合いもあるので、運が良ければになってしまいますが、ぜひサンセットと飛行機のコラボレーションを楽しみましょう。

また、売店・シャワー・トイレ・駐車場もしっかりあります。

BBQをしたり木陰でひと休みしたりするのにも最適な観光スポットなので、おすすめです。

シンリ浜についてもっと詳しく▼

 

【8位】アーラ浜

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

アーラ浜は、周りが山に囲まれているプライベートビーチのような観光スポットです。

集落から離れているため、久米島の住人もあまりいない観光スポットになります。

アーラ浜を訪れる場合には、くねくねした道を超えて看板もないアーラ浜を探さないといけないため、初めて訪れる方は事前に場所の下調べが必須です。

観光地化していないため、不便を感じることもあるかもしれません。

しかし、穏やかで透明度の高い海や無数の貝殻が混じった砂浜は美しく、特別感を感じられるビーチです。

静かにリゾートを楽しみたい方や、ロマンチックな雰囲気でビーチ遊びをしたいという方にピッタリの場所になっています。

ハードな山道を越えてでも訪れたい観光スポットなので、おすすめです。

また、アーラ浜は、ヤドカリの生息地でもあります。

ビーチを歩くヤドカリを目撃することもある場所であるため、お子様も喜ぶ観光スポットです。

アーラ浜についてもっと詳しく▼

 

【9位】上江洲家

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

上江洲家は、久米島にある琉球の伝統的な建築を見ることができる施設です。

具志川城主の末裔である上江洲家は、紬の製法を住民に普及させたり綿糸やお茶の栽培を促進したりして貧困の救済などの善行をしていた久米島の旧家になります。

久米島にある旧宅は、石垣殿内という屋敷がまえの建築様式で屋敷の周辺が石垣で囲まれているのが特徴です。

現在は、保全のため中に入ることは不可能ですが、周辺を散策しながら琉球建築を学べるツアーも行われています。

琉球石灰を使用した石垣の積み方一つにも名前や意味があり、久米島の歴史や文化に触れる体験ができるでしょう。

周辺に自生している植物の観察や沖縄の独特な文化を知る観光になるので、ぜひツアーに参加して訪れてみてください。

上江洲家についてもっと詳しく▼

 

【10位】具志川城跡

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

具志川城跡は、5世紀初頭に島を制圧していた領主(あじ)の居城跡です。

久米島の北西の海岸にあるこの城跡は、海岸に面した面が断崖に囲まれており防御性の高い城だったということが伺えます。

この観光スポットは、考古学的にも興味深い場所のため、青磁や白磁などの陶器・青花(染付)が出土しています。

これは、中国や台湾などと交易していたと伺わせる歴史痕跡なので、貴重な場所です。

沖縄には、まだ解明されてないグスク(城)跡が10ヶ所以上あります。

その中でも歴史的に重要なグスク跡がこの具志川城跡になるので、歴史文化が好きな方は、ぜひ訪れてみてください。

具志川城跡についてもっと詳しく▼

 

久米島で何する?おすすめの久米島ツアー7選

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

久米島の醍醐味は、やはり美しい海です。

そんな海を思う存分満喫できるのが、アクティビティツアーになります。

マリンスポーツを手ぶらで気軽に体験できるアクティビティツアーは、久米島に訪れたら必須のツアーと言えるでしょう。

例えば、人気の「はての浜」でのアクティビティや世界的にも有名なダイビングスポットを堪能できる体験などが人気です。

ここからは、おすすめツアーについてご紹介します。

気になるツアーがあれば、久米島旅行に訪れる前に予約してスムーズな旅行計画を立てておくと安心です。

 

ダイビング

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

ダイビングは、水中ボンベを担ぎ、美しい水中世界をゆったりと満喫できるマリンスポーツです。

久米島周辺の海域には、素晴らしいダイビングスポットが点在しており、世界的にも有名なダイビングの聖地でもあります。

ダイビングの雑誌でも何度も紹介されている久米島ですが、観察できる海洋生物をいくつかご紹介します。

久米島のダイビングで見られる海洋生物は、マンタステーションのマンタ・ハンマーシャークヘッド・捕食マンタ・ギンガメアジ・パラクーダ・イソマグロ・コブシメの産卵・カジキなどであり、圧巻の水中世界を堪能できるでしょう。

有名なダイビングスポットの数は6つあるため、1日では制覇しきれないほどです。

どのダイビングスポットも特徴があり、マンタがよく現れる場所・洞窟やアーチが美しい場所・アジ玉と呼ばれる群れが見られる場所・ウミガメパラダイスなどの場所が人気になっています。

ライセンスがない初心者の方も楽しめますが、どうせならライセンスを取得してダイナミックな生き物を観察できるようになってから参加してみましょう。

注意点として確認しておかなければならないのは、ダイビング後24時間は飛行機に乗れないという点です。

飛行機に乗る前日のダイビングツアーは禁物ですので、気をつけましょう。

おすすめのファンダイビングツアーはこちら▼

ダイビングについてもっと詳しく▼

 

シュノーケル

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

シュノーケルは、ダイビングよりも手軽に水中世界を堪能できるマリンスポーツです。

シュノーケル・ライフジャケット・足ひれを装着し、主に水面に顔をつけて水中世界を観察します。

水面に顔をつけたままでもシュノーケルを口に咥えているため、呼吸もでき、足ひれのおかげで普通に泳ぐよりも早く進めるでしょう。

泳ぎが苦手な方でもライフジャケットを着用するので、沈む心配がありません。

シュノーケリングは、お子様から年配者まで楽しめるマリンスポーツのため人気です。

久米島のシュノーケリングで人気のスポットは、もちろん「はての浜」でのシュノーケリングになります。

浜でのビーチシュノーケリングから周辺のボートシュノーケリングまで楽しめるので、自分の泳ぎのレベルに合わせてツアーを選びましょう。

シュノーケリングで観察できる海洋生物は、マンタ・熱帯魚・ウミガメ・サンゴ礁・クマノミなどです。

シュノーケリングの注意点として、波酔いや船酔い防止のために酔い止めを事前に飲んでおくことが重要になります。

ツアー開始30分前に飲んでおくと安心なので、旅行前に購入しておくと良いでしょう。

おすすめのシュノーケリングツアーはこちら▼

シュノーケリングについてもっと詳しく▼

 

はての浜上陸

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

はての浜上陸ツアーは、「はての浜」までの往復とビーチパラソルなどのレンタルがセットになったツアーです。

到着した後は、フリータイムになるので海水浴をしたり波打ち際を散歩したりして楽しめます。

美しい砂の島の絶景をゆっくり見て回りたいと考える方は、はての浜上陸ツアーに参加しましょう。

訪れるだけで感動の素晴らしい景色が味わえるのが、「はての浜」です。

透明度の高い海と白い砂浜のコントラストは、美しく写真映えします。

GoProなどのウェアラブルカメラや防水のカメラがあれば、その絶景を切り取って思い出にすることができます。

切り取った思い出は、SNSなどにアップして多くの方に久米島の美しい景色を見てもらいましょう。

おしゃれな写真やバズる動画を撮影したい方は、はての浜上陸ツアーに参加して自分なりのキリトリセカイを楽しんでみてください。

おすすめのはての浜ツアーはこちら▼

はての浜についてもっと詳しく▼

はての浜上陸ツアーについてもっと詳しく▼

 

釣り

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

南国リゾートで釣りを楽しんでみたいという方は、久米島で釣りツアーに参加してみましょう。

趣味の人口が多い釣りは、海があればどこでもできるアクティビティです。

久米島で釣りができる場所は、はての浜での浜釣り・久米島港沖での船釣り・堤防などになります。

海辺に行けばできる釣りですが、ツアーなら土地勘がなくても魚影が濃い場所で釣りを満喫できるのが利点です。

釣り道具などのかさばる荷物もレンタルが可能で、手ぶらでルアー釣りや大型の魚を釣り上げることができます。

はての浜のような観光客が多い場所で釣りをすると、釣り針などが怖いと苦情がくることもあります。

はての浜の釣りツアーは、混雑ポイントを避けて案内してもらえるため、トラブル回避のためにも、ツアーで参加するのが無難です。

釣れる魚は、ロウニンアジ・ハマフエフキ・オニヒラアジ・アオリイカ・チヌ・イスズミ・ブダイなどの南国ならではの釣果も期待できます。

ルアーや生き餌で、久米島の元気な魚を釣り上げましょう。

釣りツアーについてもっと詳しく▼

 

SUP

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

SUPは、海の綺麗な南国リゾートで人気のマリンスポーツです。

大きなサーフボードに立ってパドルを漕ぐスポーツなのですが、体幹を使うスポーツのためバランス感覚が磨かれます。

SUPは、身体を鍛えるにも良い競技ですが見た目のおしゃれさも人気の秘密です。

キャップを被りサングラスをしてビキニで颯爽と海の上を滑るように移動する様は、南国の海を彩る風景の一部になっています。

ボードの上に立ってパドルを漕げるようになるまで大変なマリンスポーツですが、ツアーではインストラクターの事前講習があるため、すぐに乗れるようになるでしょう。

ボードの上から落ちても、ライフジャケットを着用していますので浮きます。

落ちても慌てずにボードに上がり体制を立て直すことができるので、泳げない方でも楽しめるでしょう。

SUPは、ボードの上で行うSUPヨガも人気です。

夕暮れや夜に行うSUPヨガは、心と身体を癒してくれますのでおすすめのツアーになります。

SUPについてもっと詳しく▼

 

カヤック

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

カヤックは、1人〜2人乗りの小型のボートを漕ぐマリンスポーツです。

美しい海の上を景色を眺めながらまったりと散策できるため、いつもと違った景色を堪能できます。

こちらのマリンスポーツも「はての浜」で人気のアクティビティで、はての浜周辺をカヤックで散策するツアー内容です。

カヤックでシュノーケリングスポットまで行きシュノーケリングも楽しむツアーなどもあるので、アクティビティを組み合わせたツアーに参加するのも良いでしょう。

透明度が高い久米島の海なので、カヤックから水中を除くと多くの熱帯魚や珊瑚が観察でき、運が良ければウミガメにも遭遇できるアクティビティです。

SUP同様に、ツアー前に漕ぎ方のレクチャーがあるため、初心者でも安心して参加できます。

のんびりとした水上散策をするなら、カヤックがおすすめです。

おすすめのカヤック・カヌーツアーはこちら▼

カヤック・カヌーについてもっと詳しく▼

 

グラスボート

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

グラスボートツアーは、船の底が透明になっている船に乗って遊覧を楽しむツアーです。

はての浜までの往復をグラスボートでするツアーが人気で、小さなお子様からご年配の方まで久米島の水中世界を楽しめます。

グラスボートは、SUPやカヤックと違い大きな船に乗って移動するツアーです。

船から落ちる心配もなく日除けもあるため、快適な水中観察が堪能できます。

グラスボートで水中が見られるのは、透明度の高い海だけなので久米島観光にぴったりの移動手段と言えるでしょう。

こちらのツアーの注意点として、下を向いて船で移動するため乗り物酔いする場合があることが挙げられます。

乗船の30分前には、酔い止めを飲んでおくと快適に過ごせますので事前に飲んでおきましょう。

 

離島観光にはレンタカーがおすすめ!
久米島のレンタカーは早めに予約しよう

レンタカー、ドライブ、女子旅

久米島での移動にはレンタカーがおすすめ!

旅行中の移動はもちろん、早朝(サンライズ)やサンセット、星空を見にちょっと外に出るなど、自分たちのタイミングで移動できるのでおすすめです!

レンタカーについてもっと詳しく

 

まとめ

久米島観光はつまらない?人気観光スポットやおすすめツアーをご紹介!

久米島は、海で行うアクティビティが豊富で観光スポットも多い離島です。

今回まとめた観光スポットやアクティビティに参加するだけで、あっという間に時間が過ぎてしまうため、旅行計画は慎重に行いましょう。

観光スポット巡りしながらカフェに入る時間なども余分に設定しておけば、時間がなくて観光を断念することなく楽しめます。

どんなことをしたいか優先順位を決めて旅行計画を立てて、久米島観光を満喫してください。

-この記事をシェアする-
kumetour-admin

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、久米島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

-この記事をシェアする-
-この記事をシェアする-
当日予約OK