さらに
絞り込む
上江洲家M

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

最終編集日時;
投稿日時;
-この記事をシェアする-

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

久米島は海が美しい離島で、観光客の多くの目的はダイビングやシュノーケリンなどのマリンアクティビティです。

しかし、久米島ではマリンアクティビティだけではなく、ゆったりとした観光も楽しめます。

マリンアクティビティ以外の観光は、絶景を見る観光・パワースポット・ネイチャーツアーなども人気ですが、久米島の歴史を学ぶ観光も人気です。

今回は、久米島の歴史や文化を紐解くのに重要な「上江洲家(うえずけ)」についてご紹介します。

訪れた先の歴史を知ることは、文化的な観光体験になるでしょう。

上江洲家を訪れる前に知っておくと楽しめる知識をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

上江洲家の歴史

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

上江洲家は、琉球王朝時代の士族の屋敷で1754年ごろに建設されました。

旧具志川城主の末裔である上江洲家は、村長の役割である地頭代を務めた旧家として久米島の半分相当の具志川間切を代々支えてきた家柄です。

久米島の島民が飢えたり貧困に悩まされたりすることがないように、綿糸やお茶の葉を栽培したり紬の製法を学ばせたりして久米島の産業振興に貢献したという記録が残っています。

この上江洲家の屋敷は沖縄風水を取り入れたものになっており、古い琉球建築の研究対象にもなっている貴重な建造物です。

現在は、中に入ることができない屋敷となっていますが、屋敷の外から琉球建築について学ぶ体験ができます。

屋敷の魔除け・豚舎兼用のお手洗い・蔵・石垣などを見学しながら、沖縄や久米島の歴史を感じてください。

美しい赤瓦の立派な屋敷で、家の中で最も位が高い主人の部屋の広さは9畳となっているという特徴があります。

これは、「人間は完璧にすると満たされてしまう。ひとつは努力しなさい」と子孫に伝えるための部屋になっていると伝えられており、先人の想いを受け継ぐ建築になっています。

 

国の重要文化財に指定

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

上江洲家は、国の重要文化財に指定されている屋敷です。

屋敷の中から発見された資料・地図・書籍類・器物類なども併せて、国の重要文化財になっており、保護されています。

屋敷の至る所に見られる琉球建築や風水は、学術的にも価値があり、研究対象としても重要な建物のため、保護の観点から現在は屋敷内の見学はできません。

しかし、上江洲家見学ツアーや屋敷のおばぁ(上江洲家に嫁いだ方)の屋敷案内などがあるため、歴史を学びながら久米島の建築や周辺に自生する植物などが観察できます。

一般的な建築や風水と比較しながら、久米島の重要文化財を学ぶ体験が人気です。

 

上江洲家の楽しみ方

上江洲家の楽しみ方は、沖縄らしい建築物を眺めて楽しむだけではありません。

屋敷の随所から、歴史や文化を感じることができ新しい知識や発見ができます。

屋敷の周囲が珊瑚石灰でできた石堀になっていて魔除けの役割をしているということ、当時の葬式の場所は竹垣になっているということなど、見所満載の観光地です。

他にも、石堀に施されたヒンプン(魔除け)・井戸・離れの豚舎兼トイレ(ワーヌフール)・庭・フクギの林・台所など、保存状態の素晴らしい建築を堪能することができます。

ここを訪れると、当時の士族の生活様式を感じる体験ができるのが特徴です。

また、緑に囲まれた美しい赤瓦の屋敷は、見た目も美しいとカメラを片手に訪れる方も多くいます。

建築にあまり興味がない方でも、沖縄らしい屋敷を見学することができるため、おすすめのスポットといえるでしょう。

 

基本情報

  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:不定休
  • 住所:沖縄県島尻郡久米島町西銘816
  • アクセス:久米島空港から車で5分
  • 入場料:大人300円 中学生200円 小学生100円
  • 駐車場有無等:あり

 

 久米島には他にも歴史を学べる観光スポットがたくさん

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

上江洲家は、約250年前に建築された沖縄で最も古い民家ですが、他にも歴史を学べる観光スポットがあります。

ここでは、久米島の歴史を感じる各観光スポットの特徴・見所・基本情報などもまとめておきました。

その観光スポットも上江洲家に関係がある場所や施設になっていますので、久米島の歴史を学ぶ観光計画を立ててみてください。

 

具志川城跡

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

上江洲家は、旧具志川城主の末裔です。

久米島には、具志川城跡(ぐしかわじょうせき)があり観光スポットになっています。

1975年に国の史跡に指定された城(グスク)跡で、1999年から2007年に発掘調査なども行われました。

明確な築年数や築城主などは、不明となっています。

城の3方が崖になっているため、敵から襲撃されにくい構造だったと考えられており、久米島の歴史を探るのに重要な史跡です。

 

スポットの説明・見所

具志川城跡の特徴は、久米島の北西海岸の海に面した石灰石でできた丘陵の上に建てられていたことです。

海が近いため中国との交易も盛んだったようで、出土品の中に白磁や青磁・中国銭などが発見されています。

海外との交流があった歴史ある場所になっていますので、重要な文化財といえるでしょう。

不明な点も多い具志川城跡ですが、およそ15世紀に基礎部分が建築されたと言われており、落城した後は沖縄本島の喜屋武岬周辺に同名の城を築いたと伝えられています。

沖縄本島を訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。

このスポットの見所は、実際に城跡を散策できるところです。

入口の立派な石垣を抜けると、目の前に紺碧の美しい海が広がっています。

自然が多く残された場所に佇むグスク跡は、物悲しくもあり歴史をずっと見守り続けてきた静寂感もあるため、訪れた人を魅了するでしょう。

 

基本情報

こちらのスポットは、周辺にトイレ・自動販売機・売店などがない場所にあります。

トイレや飲食などは、事前に済ませてから訪れましょう。

  • 営業時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 住所:沖縄県島尻郡久米島町仲村渠
  • 入場料:なし
  • 駐車場有無等:あり

具志川城跡についてもっと詳しく▼

 

久米島紬の里 ユイマール館

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

上江洲家が島民に広めた紬は、久米島紬として現代にも引き継がれています。

久米島紬の里 ユイマール館は、久米島紬の資料館・工場見学・ワークショップ・販売などが体験できる施設で観光客から人気があります。

室内で体験する観光地のため、雨が降っても楽しめる場所としてもよく利用される場所なのです。

久米島紬の歴史を知り、実際に作られている所を見学したり実際に作ってみたりできる施設なので、久米島の歴史文化を肌で感じられる場所です。

オリジナルのお土産や他では購入できないお土産もあるので、久米島に訪れたら一度は訪れたい観光スポットになっています。

 

スポットの説明・見所

「久米島紬の里 ユイマール館」の特徴は、久米島の伝統工芸品である「久米島紬」を身近に感じられる体験ができることです。

国の重要無形文化財に指定されている「久米島紬」は、蚕から紡いだ糸を染色し手織りで織り上げる作業を一人の職人さんが一貫して行います。

昔から引き継がれている製造過程を見られるため、久米島の歴史文化を知る体験をしたい方にピッタリです。

見所は、製造過程の見学後に行う体験です。

自分で実際に作れるものは、コースター織り・バンダナ染め・ストール染めになっています。

時間は、30分〜90分ほどで誰でも気軽に体験することができ、雨の日の観光にもおすすめです。

家族や友人同士でワイワイ染め体験をしたり、カップルでお揃いのコースターを作ったりして楽しめます。

不器用でもスタッフの方が丁寧にレクチャーしてくれるので、安心して作業に集中できるでしょう。

 

基本情報

  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日:なし
  • 住所:沖縄県島尻郡久米島町真謝1878–1
  • 入場料:入場料大人200円 子供100円(体験は別途料金がかかります)
  • 駐車場有無等:あり

久米島紬の里 ユイマール館についてもっと詳しく▼

 

久米島博物館

久米島の歴史や文化を資料やジオラマなどで展示しているのが、久米島博物館です。

琉球王朝時代についてもしっかりと展示されていますので、上江洲家についても詳しく知ることができます。

歴史文化だけではなく自然や民俗などについても一緒に学べるため、久米島のことを丸ごと展示しているような観光スポットです。

時期によって特別展・文化講座・夏休み子供学習教室などのイベントも行われており、訪れる季節によって楽しみ方も変わります。

夏休みに家族旅行で訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

スポットの説明・見所

久米島博物館の特徴は、久米島の歴史文化がパネルなどで見やすく展示されていることです。

展示の内容もボリュームたっぷりなので、雨が降った際の観光の代案としてもよいでしょう。

誰でも簡単に久米島の歴史・文化に触れられる体験が魅力の観光スポットになっています。

久米島博物館の見所は、常設展示の「久米島と自然の文化」です。

久米島に実際に自生している植物や動物などを模型や資料で紹介しており、充実した内容になっています。

デジタルガイドを使用して歴史文化に触れる体験も人気なので、博物館に訪れたらチャレンジしてみて下さい。

 

基本情報

  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日:月曜日・年末年始
  • 住所:沖縄県島尻郡久米島町嘉手苅542
  • 入場料:大人200円 大学生150円 子供100円
  • 駐車場有無等:あり

 

離島観光にはレンタカーがおすすめ!
久米島のレンタカーは早めに予約しよう

レンタカー 画像

久米島での移動にはレンタカーがおすすめ!

旅行中の移動はもちろん、早朝(サンライズ)やサンセット、星空を見にちょっと外に出るなど、自分たちのタイミングで移動できるのでおすすめです!

レンタカーについてもっと詳しく

 

まとめ

久米島の人気観光スポット「上江洲家(うえずけ)」とは?営業時間・入場料・駐車場などの情報について

久米島の歴史や文化を感じることができる施設「上江洲家」は、久米島観光に欠かせない場所になっています。

沖縄の歴史を知る観光にもなる体験ができる場所であるため、海以外の観光を考えている方におすすめです。

美しい久米島の景色を眺めながら歴史に想いを馳せることも素晴らしい観光体験になるので、ぜひ一度訪れてみてください。

-この記事をシェアする-
kumetour-admin

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、久米島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

-この記事をシェアする-
-この記事をシェアする-
当日予約OK